成長ホルモンの働き

成長ホルモンの働きを知る前に、どのようなものなのかを簡単に説明しておきます。
人の体内から分泌される成長ホルモンは、正確には、ヒト成長ホルモンと言います。英語では、"Human Growth Hormone"と良い、略してHGHとの呼び方もされます。

主に、視床下部の脳下垂体を中心として分泌されますが、他のホルモンも含めると、甲状腺、副腎、生殖器、膵臓、消火器、胃腸、心臓血管、脂肪や神経系など、体の様々な部位で作り出されます。

構成は、191個のアミノ酸から成り立っているのですが、私達の体の中で分泌されるホルモンや酵素などは、基本的にアミノ酸で構成されていますので、アミノ酸の摂取は、生体活動を支える上でも重要な事です。

成長ホルモンの主な働きは、標的器官に分泌されることでその組織の成長を促す事と、代謝をコントロールする事です。これらは、成長ホルモンの信号を受信することのできる受容体の存在が必要で、この組織に働きかけを行う事で、成長や代謝が促進されます。

前者の働きでは、例えば、骨の骨端線(こったんせん)に働きかける事で、骨を成長させる事ができます。また骨だけではなく、女性であれば、バストのラクトゲン受容体に働きかける事で、バストの成長に関わってきます。

また、組織の成長だけではなく、代謝を促進する働きもあり、脂肪細胞が燃焼しやすくする働きや細胞の結合を強くする働きなどがあるほかに、病気への抵抗力を引き上げたり、筋肉をはじめとする細胞の修復を促進したりなど、私達の体がより健康的になる上でとても重要な役割があるのです。

成長ホルモンは、体の細胞を活性化させる事や、体の恒常性を維持する上でも重要な存在なのです。

それから、働きかけには2つの経路が存在していて、一つは、脳下垂体から、各組織の受容体へと直接働きかけるパターン。もう一つは、肝臓を経由してIGF-1(インスリン様成長因子-1、ソマトメジンC)という別の成分に変わってから、各組織へ働きかけを行うパターンです。

肝臓は、体内に取り込まれた栄養が一時的に貯蔵される場所なので、ここから各組織に運ばれたほうが、効率が良くなります。

骨への働きかけは、骨端線がある状態でなければなりません。
骨端線に、成長ホルモンが働きかけ、そこから、破骨細胞(はこつさいぼう)が骨を溶かし、カルシウムやコラーゲンを分解します。続いて、骨芽細胞が現れてコラーゲンで鉄骨を作り、続いてカルシウムが付着することで骨が成長するのです。

成長ホルモンの中でも、最も注目を集めている働きがこの身長を伸ばす働きだと思います。これは、実際にSGA性低身長症と診断された子供に対して、ホルモン療法として30年以上も前から行われているものです。

SGA性低身長症とは、生まれた時から成長ホルモンの分泌が少なかったり、または、受容体の感受性が悪い事で、成長に繋がらなかったりするという疾患です。SGA性低身長症の遺伝的要素は少なく(20%前後)、母胎内での成長が関わっていると言われています。

※SGA:Small for Gestational Ageの略

骨をはじめとする各細胞の成長を促進する為には、まず、第一に成長ホルモンの分泌を促す事が先決です。実際にホルモン療法を行う事で、身長の伸びが改善するようになります。

低身長症の疑いがある場合には、まずは、専門医で検査してもらう必要があります。検査の結果、低身長症と診断された場合には、保険の適用でホルモン療法を受ける事ができますが、その割合は、全体の2%と、非常に少なく狭き門のようです。

因みに、ホルモン療法を行う場合には、3歳から受ける事ができます。

身長の基準は、最終身長が男子で156.4cm、女子で145.4cmとなっていて、この身長をオーバーしたら終了となるので、継続してホルモン療法を行いたいのであれば、専門のクリニックを探す必要性が出てきます。

また、身長を伸ばす効果あるという事で、身長にコンプレックスを持っている成人でも行いたいというケースもあるようですが、骨端線が閉じてしまっている状態で身長を伸ばすのは、ほぼ不可能なので効果の期待は持てません。

ただし、代謝をアップしたり筋肉の再合成を活発にするなど、体にとっては利点もありますので、そういった理由からであれば、行ってみるのも良いと思います。

組織の成長を促進する上で、身長の次に注目を集めているのがバストアップ効果だと思います。この働きは、バストの中に存在するラクトゲン受容体へ成長ホルモンが働きかけを行う事で、バストの成長が促進されます。

ここでの注意点としては、ラクトゲン受容体が10〜30歳で成熟するというバラつきがあるので、上手く作用しない事もあるという点です。成長ホルモンの分泌ピークは、13〜17歳程度なので、この時期を逃してしまうと、大きく成長できません。

また、ラクトゲン受容体は、人によっては、一生できずに過ぎてしまうこともあり、その場合は、いくら成長ホルモンが分泌されてもバストは大きくならないのです。もしも、存在していれば、成長ホルモン療法で、3週〜8週で大きくする事が可能だと言われています。

成長ホルモンは筋力アップにも有効に働きかけます。激しいトレーニングを行ってから15分後くらいを目処に、脳下垂体から成長ホルモンが分泌され、遺伝子に働きかけてタンパク質を合成します。
トレーニング終了後から約2時間を目処に、筋肉の再合成が行われて、筋肉が強化されるという仕組みです。

この時、一つ注意しておかなければならない点があるのですが、どのようなトレーニングでも成長ホルモンが分泌されうというものではなく、重い加重のウェイトトレーニングや短距離走など、瞬発力の必要なトレーニングを行わなければ、成長ホルモンは分泌されてくれません。

成長ホルモンの分泌が必要なウェイトトレーニングは、継続する事で同時に筋肉が大きく太くなるので、運動により健全に成長ホルモンを分泌を目指しても、筋力の増大に繋がるという事をお忘れなく。

成長期が終わると、成長ホルモンの分泌量も減少し、次第に、体に変化が現れています。今までよりも、疲れやすくなる、記憶力の低下、肌の衰え、髪の艶が無くなり白髪が目立つようになる。病気にかかりやすくなる。食事の量は変えていないのに下腹部が緩くなってきたなど。

このような症状が現われるの時期と、成長ホルモンの分泌が減る時期は重なっていて、明らかに分泌量の減少による体の変化だとわかります。また、生活習慣が乱れがちだと、生活習慣病のリスクを高くしてしまいます。

老化を遅らせる為にも、成長ホルモンは必要な存在なので、平均よりも老化が早いと感じている場合には、どうにか成長ホルモンの分泌を増やす方法に取り組まなければなりません。

体内で分泌される量も、別のホルモンによって制限されるようになると言われていて、この作用を上手く活用できるかが鍵となりそうです。

今は、この薬で成長ホルモンを経口摂取する事が可能となりました。
このHGAスプレーは、最新のテクノロジーを駆使して開発された世界初のHGAスプレーの医薬品で、以下のような効果があります。

  • 細胞の働きを活発化する
  • 肌・髪などの再生能力の引き上げ
  • 水分保有率を高めて潤いとハリのある肌

成長ホルモンを摂取できるので、効果は当サイトで説明しているような事が当てはまります。
成人以降であれば、伸長を伸ばす効果は期待できませんが、アンチエイジングに有効で、40歳以上の場合で10歳〜20歳若返るという実験報告がある程です。

内容量は、一本で約180回分(およそ1ヶ月〜2ヶ月)にもなります。
しかも、医薬品なので成長ホルモンサプリメントのように、効果的があるのか無いのかという曖昧さが無いのは医薬品ならではです。

使用方法も至ってシンプルで、食事の30分前及び夜の就寝前に舌下に1〜2回スプレーして、30〜60秒程度経過したら飲み込むだけという簡単なものです。
ただし、1日に6回以上のスプレーは行わないようにと注意書きがあります。

成長ホルモンは年齢とともに失われていき、それと同時に老化が加速するという事がわかっています。また、成長ホルモンを投与する事で、若返りをはじめとする様々な働きがある事も臨床試験で明らかになっているので、老化が気になる場合、若さを保ちたい場合、活力が欲しい場合など、色々な方の体に良い変化をもたらしてくれる事が期待できます。

HGAスプレーの製品詳細・購入に関する情報はこちら